トップページ > 財団について

財団について

設立のごあいさつ

このたび、年来の望みでした、父・中谷宇吉郎の記念財団を設立する運びとなりました。これまでにお力添え賜りました皆様方に厚くお礼申し上げます。

父は、科学者として真摯に自然と向き合い、多彩な活動や事績の資料を多く遺しました。それらを集大成して公開することが、財団の主な務めであろうと考えております。それとともに、父の自然と科学に対する思いが、「科学の心」として、現代と将来の社会においてさらに大きく育まれてゆくことを願って、それに連なる研究活動やプロジェクト、また未知の領域を拓く試みなどの支援・推進にも努めてまいりたいと望んでおります。

皆様の温かいご理解と、ご指導ご支援をいただけますようお願いいたします。

代表理事 中谷 オルスン 咲子  代表理事
 中谷 オルスン 咲子(地質学者、宇吉郎長女)
 米国ジョンズ・ホプキンス大学 岩石学 Ph.D.

財団の概要

名称 一般財団法人中谷宇吉郎記念財団
NAKAYA UKICHIRO FOUNDATION
設立 2015(平成27)年5月1日
目的 科学者中谷宇吉郎の研究業績を基に、科学の啓蒙と振興、コミュニティー構築等に関する事業を行い、社会教育の推進及び国際交流の促進に寄与する。
代表理事 中谷オルスン咲子
理事 池内了 岡崎乾二郎 小崎龍恵 丹保憲仁 中谷健太郎 中谷太郎 中谷芙二子
羽仁進 森岡侑士 山崎敏晴 吉田道子 渡辺興亞
監事 中谷良平
評議員 中谷祐介 今泉文子 神田健三 中谷ロトー三代子 法安桂子
顧問 中谷次郎 樋口敬二 広瀬幸雄 宮元陸 若濱五郎

ロゴについて

中谷宇吉郎記念財団 ロゴ

「何時までも舞い落ちて来る雪を仰いでいると、いつの間にか自分の身体が静かに空へ浮き上がって行くような錯覚が 起きてくる。」(中谷宇吉郎著「冬の華/雪雑記」)この文章に記述されている、雪の結晶と観察者の関係をロゴで表現したいと思いデザインしました。    高谷 史郎

寄附のお願い

当財団の目的へのご賛同、またこれからの発展に向けてのご支援をいただける法人、団体、個人の方のご厚志は、誠に貴重で有難く、感謝してお受けいたします。詳しくはこちらまでお問い合わせくださるようお願い申し上げます。